株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難

株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために

株式投資は難しい!?しっかりとした知識とテクニックがあれば、初心者でも稼ぐことは十分に可能なんです。

TOP PAGE >株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難

□株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難

株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難しいことだらけに見えるのではないでしょうか。

どこの証券会社を利用して株式を買えばいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。
誰しもが利益を得られると思って株投資を開始するわけですが、最終的に利益を出せる人は少ないでしょう。失敗しないで株投資をする方法などという記事や本をたびたび見かけます。

ですが、100パーセント失敗しないことはありません。

でも、しっかり勉強して、ルールを考えて投資するなら、成功することもあるのが株というものです。失敗することを恐れたり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しさが待っていると思えるのです。株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告が必要となってきます。例外的に、特定口座利用者であれば、このような税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、場合によっては確定申告不要です。このため、株を始めたばかりの方にとって最もお勧めです。
株式について書かれた紙媒体を何冊も読んで調べた上で、株のビギナーが投資をする場合、中期トレードと命名された投資法をチョイスする人も大勢いるでしょう。

中期トレードは条件が良ければ大きく儲けることができるので、とても人気がある株式の投資方法です。当然、いつでも儲かるわけではありませんから、損失を出してしまうこともあります。株式投資をしている人の大半は購入している株をどの時期に売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。

でも、最も高いところで株式を売り抜けるということはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けることができたならいいと考えられます。

株を始めたばかりの者は買い方が理解しづらいでしょう。
証券会社の社員から忠告をもらったり、株式売買をしている知り合いに相談するなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。

また、デモトレードに試して、修練してみるのも良い方法かもしれません。



株を始めたばかりの人から上級者まで必ず確認しないといけない数値が日経平均というものです。日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日紙媒体を代表する全225社の株価を平均したものをいうのです。始めたての人でも毎日継続して日経平均を確認していれば、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。私が持つ株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を自分の目で判断をし、売り買いの繰り返しをしております。
ごくたまに失敗して、損になることもありますが、現在のところはなんとか収支がプラスになっています。



今のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しい限りです。

株株の売買では株式テクニカルな図面を参考に売り買いの繰り返しについて判断する手法があります。
そして、そのうちの1つの方法が押し目買いといわれる手法なのです。



株価が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値近くの数字で、株を購入するというのが押し目買いという手法です。これまでの経験によると、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。


株式投資には多様な手段がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。株の購入から売却まで、スキャルピングは、数秒から数十秒のかなりの短時間の間に済ませてしまう投資方法です。スキャルピングの良い所は、株保有期間をごく短期間に絞り込むことで、株価が値下がりするリスクを小さなものにとどめることができるという点にあります。


円安の意味とは、他国の通貨より円の価値が相対的に下落している状態を指すのです。


円安になりましたら株が上がりやすいとされています。


輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストがかさんでしまって収益減となりますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。
自動車や機械などの日紙媒体が海外に向けて売る商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。株式株の売り買いの繰り返しには損失の可能性があります。



ですから、株式投資が初めての場合は、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのもよいことでしょう。
投資信託は投資の専門家が期待できる投資先に幅広くバランスよく分けて資金を投入するので、安全で初心者に適した運用法のひとつにあげられます。給料は全く上がらないのに物価を引き上げようと政府は熱心です。

物価の方が上がれば企業の収益もアップし、株価上昇にもなります。

銀行等に余剰資金が眠っていれば、株の投資といったことを始めるとよいです。株のやり方は簡単です。口座を証券会社に作ればよいのです。


最近では、ネット証券なんかもありますから、株の売り買いの繰り返し自体もスムーズに行えます。1点集中型の投資を試す方には不必要かもしれませんが、株、債権、海外投資など、様々な投資を行う場合はポートフォリオに着眼して投資判断を下すべきです。


投資でもっとも大切なことは、危険や損失を分散した投資の型ですからポートフォリオでバランスよく投資ができているか、まめに確認作業をすることが大切です。株式に資金を投じる世界ではテクニカル指数を駆使して株の投資を行っている方々が多数います。

その結果、株投資の初心者もテクニカル指数についてはおおまかに書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝つ度合いが高くなると思われます株式投資を開始するには口座の開設が必要となります。新米におすすめなのがネットの株取引企業です。
ネット証券は色々な手数料が安価に抑えられているので、利潤を上げやすいといえます。ネット証券によりサービスに違いがあるので、照らしあわせてから口座を作りましょう。


株を保有している場合、自分の資金への利回りを意識するのではと思います。



銀行に預けたとしてもあまり利息がつかない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、利回りの良いものでなくては投資を行う意味がありません。きっちりと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。株式への投資において、時間を取れることも重要なポイントです。


日紙媒体最大の株式市場である東証が開いている時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い価格で株を売買するためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。

この点でいうと、主婦の方は、ビギナーであっても有利な立場で株への出資が可能だと言えるでしょう。

株式投資をするにあたって、いくら値動きがすごいからといっても、出来高が小さい小型株式へ投資をすることは、ベストとは言えません。

理由を説明すると、普段から出来高の少ない銘柄は保有している株式を売却したいタイミングで売却したくてもできないからです。



皆そうだと思いますが、私は株を開始したころ、ビギナーでテクニカルな図面の読み方が、わからなかったんです。
今も完全にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」という読み方があり、それなりに使えていると思います。


とはいえ、現在でもたまに誤ってしまう時もあります。
私はちょっと前に株を開始したばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、読み進めています。参考になった紙媒体も多いのですが、「おや?こっちの紙媒体と触れられていることが違うんじゃないか?」といささか疑心を持ってしまうような紙媒体も読みましたが、良い点も悪い点も全部を勉強していきたいです。

株の経験が浅い人はどの銘柄に投資したらいいのか迷うので、株式雑誌に掲載されているような推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで投資するといいでしょう。
これらを経験して、段々と知っている銘柄の数を増やしていって、自分で上がると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。株の売り買いの繰り返しを始めたばかりの方であっても利益を出せる効果的な方法は、急がないことです。



いつか買おうと思っていた銘柄が高い価格になっているからというので追い立てられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。
高騰している理由はなんなのだろうか、暴騰しているのではないだろうかと買い付ける前に分析をし直して冷静に行動しましょう。

株を初めたばかりの人は売り払うときを逸してしまいがちです。
誰でも人間は欲というものがあるものなので、「もう少し高値になったら」なんて思っているうちに、株の値段が下落してしまいます。利益を確定しなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分なりの売り方を検討してみると上手い方法が見つかるかもしれません。株が初めての方だけでなく、株式投資をする方のだいたいはなるたけ手数料が格安なネット証券に口座を作るのがよいと考えます。


なぜかといえば、株式を売り買いする為の手数料が安上がりなら株式投資の売り買いの繰り返しが至ってすばやくできるからです。株の新米から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私は最低限100万円程度は準備しないと、株式投資をやることはきついと思います。



その根拠はこのくらいのお金があれば株式上場されている多くの銘柄の中から目についた投資先をチョイスすることができるからです。株には詳しくない者が基本的な知識を得るために必要になることは、まず株式投資についての紙媒体を読むことで、基紙媒体と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと思われます。株式投資についての紙媒体を五冊くらい読めば、読破した紙媒体の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということが理解できるからです。

株の初心者が初めから、難易度のある売り買いの繰り返しをするのは避けた方が身のためです。仮に、株では空売りをして利益を得るやり方があります。

空売りとは売りから始める信用株の売り買いの繰り返しです。


空売りなら株価が下落した場合でも利益となります。ただ、危険や損失もあるので、空売りは株の売買に十分なじんでからするべきでしょう。ご存じかと思いますが、株株の売り買いの繰り返しには現物株の売り買いの繰り返しや信用株の売り買いの繰り返しがあります。


やっぱり株を始めたばかりの人には、危険や損失の高い信用取引はおすすめしません。



自分の資金の範囲で投資できる現物取引を断然お勧めします。
入金した以上に損するリスクがありません。
また、株主優遇される例を目的として長期投資するのも良いのではないでしょうか。

株式投資を行う機会には、一定数量必要な株式ではなく、ミニ株を購入する方法もあるのです。



単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を買い入れたいときには、ミニ株でぽつぽつと購入する方法によって一度に大きな金額を用意しなくてもほしいブランドを購入できます。



Copyright (C) 2014 株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために All Rights Reserved.
top